ガラス対策が防犯のカギ~住宅を守る防犯ガラスのススメ~ ガラス対策が防犯のカギ~住宅を守る防犯ガラスのススメ~

ガラス屋でも人気のある防犯ガラスが必要とされる背景

急増している空き巣被害

窓

空き巣被害はいつ誰に起こるか分からないもの、ねらわれやすいガラス窓の特徴と主な手口について見ていきましょう。

ガラス屋からの注意喚起

ガラス破りによる空き巣の修理現場に行く機会が増えました(ガラス屋)

ここ1ヶ月で3件、空き巣に割られたガラスの修理を担当しました。我が家は大丈夫、と油断しているご家庭が多く、今一度気をつけて頂きたく思います。空き巣が入って大切な想い出の品を盗まれた、など聞くと本当に心が痛みます。盗まれたものが帰ってくることはほとんどないので、あきらめるしかないのですが、心の整理が大変でしょう。

一戸建て住宅における空き巣の侵入経路とは

空き巣の侵入経路で多いのは、鍵のかけ忘れです。お手洗いやお風呂場など一カ所鍵を忘れた箇所があるだけでも、空き巣被害のリスクがあります。次にくるのがガラス破り、窓や勝手口のガラスを破って鍵を開けて、堂々と侵入します。プロの窃盗団はほとんど音をたてずにガラスを破ることができるので、自宅にいたとしても気付きません。そのため、ガラス屋でも修理依頼が相次ぎ、なくなく修理費用を支払う人も多いようです。

空き巣に狙われやすいガラスとは

犯行を繰り返している空き巣は狙いやすいガラスを熟知していて、あっという間に家の中へと入ってきます。植木の影や住まいの奥手など、人目につきにくい場所にある掃き出し窓や浴室の窓がターゲットにされやすく、焼き破りやこじ破りなどいろいろな手口で侵入します。何となくトラブル防止に役立つイメージの網入りですが、空き巣被害を招きます。ガラス破りしたときに破片が飛び散らないため音が出にくく、侵入しやすい窓と考えるためです。

空き巣のガラス破りの手口を知る

空き巣のガラス破り手口を知っていると、防犯対策に役立ちます。よく使われる3つの手口の概要を見てガラス屋を利用した防犯対策を始めましょう。

ガラス破りは大きく分けて3種類

こじ破り
窓枠とガラスのわずかな隙間にマイナスドライバーを差し込んで、そのまま叩き付けるだけでも、簡単に窓ガラスが割れてしまいます。ものの30秒もあればガラス破りできるうえに、大きな物音がたたないところが特徴です。
打ち破り
バールなどで思い切りガラスを叩いて割る原始的な方法で、大きな音がネックです。住宅地では難しい方法でも、周囲に民家がない場所などでは有効でしょう。網入りガラスの場合は比較的大きな音が出にくいため、泥棒に好都合です。
焼き破り
ターボライターなどをガラスにあてて、熱の力で穴を開けます。穴を開けたところに手を入れて、解錠してから侵入する方法です。普通のガラスなら10秒くらいですぐ穴ができてしまうため、簡単に侵入経路を確保できます。

巧妙化する犯罪だからこそ防犯の見直しが大切

空き巣の手口はどんどん巧妙になっていて、できるだけ早く物音をたてずにガラス破りする手口を考えていきます。ガラス屋では巧妙な犯罪手口に対応できる防犯ガラスをそろえているため、空き巣被害に合う前の防犯ガラスの交換を検討しましょう。  

TOPボタン