ガラス対策が防犯のカギ~住宅を守る防犯ガラスのススメ~ ガラス対策が防犯のカギ~住宅を守る防犯ガラスのススメ~

ガラスを変えるだけで変わる!防犯ガラスの威力

侵入を諦めさせる~防犯ガラスの構造とは~

ドア窓

そもそも防犯ガラスがどのような構造で出来ていて、どうやって空き巣の侵入を防ぐのか、防犯性を高める秘密を見ていきます。

防犯性の高いガラスとは

空き巣は大きな物音を嫌うので、衝撃に強いガラスがいいでしょう。強い力を加えると大きな音がするため、空き巣の手口に負けません。たとえば2枚の板ガラスの間に特殊なフィルムを入れて作ったガラスが挙げられます。ガラスの間の厚いフィルムがクッションになって衝撃に強い構造になっているため、簡単には穴が開かない仕組みです。

実体験で見る防犯ガラスの効果

危うく空き巣に遭うところでした(40代/女性)

家に空き巣が入ったかも、と連絡を受けて、慌てて自宅に帰りました。ガラスに無数の傷がついていて、犯人が苦労した様子が分かります。リフォームの機会に防犯ガラスに変えていなかったら、そのまま侵入されていたはずです。物音に気付いたお隣さんが通報してくれたようで、貫通する前に空き巣が逃げたと聞いています。知らない男がドンドン窓を傷つけたと思うだけで気持ち悪いのですが、お金をとられなかったことだけが心の救いになっています。

空き巣に有効な手段は「時間稼ぎ」

どんなに強いガラスでも割れてしまうケースはありますが、時間稼ぎが重要です。空き巣の習性で侵入に5分以上かかると諦めるとも言われているため、一定の強度を持った防犯ガラスに変えることで、被害を未然に防ぎましょう。

防犯ガラスの費用相場とは

空き巣対策のために防犯ガラスに変えるとしたらいくらくらいかかるのか、大まかな費用相場と内訳を見てみましょう。

費用相場と内訳

防犯ガラスに交換するには、3万〜15万円くらいかかります。金額に開きがありますが、交換を希望する場所やガラスの種類などで相場が大きく変わるためです。内訳を見ていくと、施工費やガラス屋の出張費用、廃材処理費などがあげられます。ガラス屋によってはパッケージ料金を組んだりガラスの下取りサービスを行なったりして費用負担を軽くしてくれるので、なるべく安くおさまる方法を考えましょう。  

TOPボタン