ガラス対策が防犯のカギ~住宅を守る防犯ガラスのススメ~ ガラス対策が防犯のカギ~住宅を守る防犯ガラスのススメ~

ガラスだけじゃない!防犯性を高める対策方法

ガラス周辺の防犯性を高め空き巣が嫌がる家にする

作業員

ガラス交換と合わせて検討したい、空き巣が嫌がる住まい作りのポイントと今すぐできる工夫について見ていきます。

防犯性を高める対策法

補助錠を取り付ける
玄関のドアと同じように補助鍵をつけると複数箇所を割らないと侵入できない状態になるため、防犯性が高まります。サッシに取り付けるタイプや水換えしに差し込むタイプなどいろいろな形状があるので、ガラス屋に聞いてみましょう。メインの鍵を開けられても補助鍵でロックがかかる仕組みなので、簡単に侵入できなくなります。
防犯フィルムを貼り付ける
手軽な対策を考えるなら、窓ガラスに防犯フィルムを張る方法がいいでしょう。鍵の周りだけフィルムを張っても思うような効果を期待しにくいため、全面に施行するのがポイントです。防犯ガラス同様にお見舞金制度を取り入れたフィルムもあって、一定の対策効果が見込まれます。自分で行うとムラになってしまうので、ガラス屋に相談すると安心です。
面格子の取り付け
小窓など空き巣の侵入ターゲットになりやすい窓には、面格子をつけましょう。遠くからでも防犯意識が高い家とすぐ分かるため、空き巣が嫌がる住まいになります。簡単に外せるものだとあまり意味をなさないため、業界基準マークを参考にしながら選びましょう。面格子と防犯ガラスをあわせて使うと、より空き巣防止に役立ちます。

狙われやすい箇所を重点的に対策するようにしましょう

全てを防犯対策しようとすると大変なので、ねらわれやすい窓から考えましょう。植え込みの死角になった部分や隣の建物との距離が近い窓は空き巣のターゲットになりやすく、優先的な対策を考えます。音をたてても目立たない場所をねらってガラス破りするものなので、奥まったところにある窓ほど危険です。隣の建物から飛び移ってくる可能性を考えると、2階や3階の窓もねらわれやすい傾向があります。どこから対策するか迷ったら、ガラス屋に相談するのもいいでしょう。

TOPボタン